2009年04月30日

黄昏

建築現場で黄昏れる二人。背中に哀愁を感じます。
いったい何を考えとるんやら。
っていうか、たいしたことは考えとらん?



よく見ると、視線は↓に……
実は、建築廃材置き場を見つめています。
posted by NORI at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 土壁の家のできるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

和風の和室

いろんな住宅本を見ても、住宅情報誌を見ても、間取り図には「和室」と書いてある。あるいはいろんな見学会なんかに行っても、「ここは和室です」と説明されます。

なんとかホームの無国籍な家ならいざ知らず、日本の家なのだから、どの部屋もみんな和室じゃないの、と思ってしまいます。

「和室」といっている意味は、畳が敷いているか敷いていないかが判断基準なのでしょうか。畳が敷いていれば和室。じゃあ畳が敷いていなければ洋室?

住宅情報誌なんかは平気で「洋室」と書いていますが、欧米のように土足で部屋を歩くわけでもないし、そもそも洋室だの和室だのといっているのは日本くらいではないでしょうか。じゃあ、真壁で格子戸があるけど板の間なら洋室?その部屋の板の間を「フローリング」と呼ぶでしょうか?

用途で呼び分けるのなら、座敷、茶の間、居間、客間、広縁など。畳が敷いているかどうかであれば「畳の間」「板の間」でいいと思うのですが、いかがでしょうか。
posted by NORI at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 土壁の家のできるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

外壁工事

暖かくなりましたね。季節はすっかり春です。
工事現場の隣の田んぼに咲いていました。


工事現場に行ってみると、見慣れない物体が置かれています。
これは何?土嚢(どのう)?中身が気になります。


二階では棟梁が杉板を貼る作業をしていました。
外では外壁の工事が進行中のようです。


昔の民家しか知らない私は、てっきり小舞土壁の上から焼杉板を貼っておしまいだと思っていたのですが、最近の家はもっと何工程もやることがあるようです。というわけで、これまでの工事を振り返ってみました。

上棟後、屋根工事をしているところです。管柱の間に間柱が見えます。


竹小舞をかき、内側から荒壁が塗られたところです。


今度は外側から荒壁が塗られました。しっかり乾燥させています。


管柱や間柱の間に、断熱材が埋め込まれていっています。


その上から、構造用合板が貼られていっています。この状態が構造見学会の時点での状態です。


防水シートを貼り付け、さらに縦横にバラ板を張り付けていくそうです。


最終的には、漆喰壁に下見板張りは鎧壁となる予定ですが、まだまだいくつかの工程が残っているようです。図面で見たり、説明を受けたりしたのですが、百聞は一見にしかずです。最近になってようやくどういう風にできていくのか理解してきました。

素人目に見ても、こうした部分というのは工務店によって千差万別なんだと思いますし、完成してしまえば目に見えないところです。もちろん金額の差になって現れる部分でもあると思います。

それにしても、ぽかぽか陽気だった昨日は、外にいる時に比べてうちの中はひんやりした感じで心地いいものでした。土壁の調湿効果でしょうか。
posted by NORI at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 土壁の家のできるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

「Gさんの言うとおりにしといたら?」

週末は定例会でした。しかも工事現場で初めての打合せです。
菅組から設計のGさん、施工のNさん、営業のSさんらと、私達家族での打合せ。

ここのところ打合せで「色決め」をする機会が多いのですが、センスのない私は非常に迷ってしまいます。色見本を見せられ、「どの色がいいですか?」と言われ、迷わず「この色」と言うと、GさんやNさんからは「それよりこっちの方が……」と遠回しに返されてます^^;

先日も某ショールームでの話。
同じ色なのに、日差しの下や日陰では色が違ったり、蛍光灯の下やスポットライトの下では色が違ったりと、同じ色でも七変化してしまいます。人心を惑わすショールーム。恐るべきショールームです。

というわけで、最近、家庭内で「ここの色はどうしようか?」などと話すことが多いのですが、「Gさんの言うとおりにしといたら」「Nさんの言うとおりにしといたら」と素っ気なく返されてます。こっちは一生懸命考えて話してるのに……。

「Gさんの言うとおりにしといたら」。う〜ん、迷言です。
posted by NORI at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 土壁の家のできるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

週末は雨

平日は仕事の関係で工事現場に行けないので、週末が待ち遠しいです。
というわけで行ってきました。雨の中、職人さんが懸命に働いていました。頭が下がります。

大工さんが二階で小舞土壁の上から杉板を貼っていました。美しい。


こちらは一階の様子。小舞土壁が杉板で覆われていっています。


土壁が乾いてきたので、これからは工事のスピードがアップするそうです。内壁は一部を除いて杉板張りと珪藻土塗りになる予定です。


よく見ると、先週まで空いていなかった土壁に丸い穴が空いています。

先週までの土壁の様子。棟木の下辺りです。


今日の土壁の様子。これは通気口の穴のようです。

posted by NORI at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 土壁の家のできるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。